魂の目的とは?神様との対話で分かった本当の目的とは?

前回の記事で人間には本当に魂が宿っていることをお伝えしました。

今回は「魂の目的」という言葉があるので、その本当の意味に関して神様と対話した内容をお伝えします。

■魂の目的とは?

魂は、創造主である神様(正しくは「大霊様」)によって創り出されたものであり、一度生まれると消滅することはなく永久不滅と言われています。

その魂は、不完全な状態で誕生しています。そして、魂は永久的に成長することができるようになっています。

人間として地上界(地球のことです)に生まれてくる目的は、すばり「魂の成長」のためです。

ですので、魂の目的を一言で表現すると・・・
「魂の目的=魂の成長」
ということになります。

ただ、魂のレベルは、個々の魂によって差があり、均一ではありません。魂が成長するスピードはそれぞれ違うのです。

人間として生まれることができる魂の次元は「2次元」から「5次元」までなので、人間の中には、2次元の魂も存在しますし、3次元の魂も存在しますし、4次元の魂、5次元の魂も存在します。

次元が上がれば上がるほど、魂の成長度は上がりその数は少なくなります。では、魂の目的をもう少し細かく見るとこうなります。

●2次元の魂の目的は、3次元にアセンションすること
●3次元の魂の目的は、4次元にアセンションすること
●4次元の魂の目的は、5次元にアセンションすること
●5次元の魂の目的は、輪廻転生から解脱すること

解脱した魂は、大霊界へ行き、守護霊様として活動しながら魂を成長させることになります。もう二度と人間として生まれ、トレーニングを積む必要がないわけです。

「人間として生まれることができなのは寂しい」

と思うかも知れません。ですが、大霊界は天国よりも素晴らしいところであり、過酷な地球に生まれたいと思う魂は存在しないそうです。

余談ですが・・・
天上界(いわゆる天国)には階層があり、魂の次元が上がった場合は、階層が1ランクアップします。飛行機に例えると、エコノミークラスがプレミアムエコノミーにアップグレードするようなイメージになります。

解脱すると大霊界へ行けるわけですがプレミアムエコノミーからビジネスクラスにアップグレードされた感じになります。魂はそのことを知っているので、地球にいる間に一つ上の次元にアセンションしておきたいわけですね。

このように生まれてきた時の魂の次元によって魂の目的は異なります。

神様情報によると全人口の約9割は、魂の次元が2次元なので、ほとんどの魂の目的は、3次元にアセンションすることになります。

まとめると・・・

魂の目的=魂の成長=魂の次元上昇=アセンション

ということになります。つまり、魂はアセンションするために生まれてきたのです。

関連記事

  1. 魂は人生の青写真を生まれる前に描いているのか?

  2. 魂の成長とは具体的に何?神様との対話で確認!

  3. 魂の内部構造はどうなっているのか?神様との対話で確認!

  4. 魂に色はあるのか?ソウルカラーに関して神様と対話!

  5. 人間には本当に魂が宿っているのか?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA