魂に色はあるのか?ソウルカラーに関して神様と対話!

人間の本質(=正体)は、「魂」であることは、既に認識されている方が多いと思います。でも魂には固有の色があること(魂の色=ソウルカラーと言います)を知っている方は案外少ないかも知れませんね。

私も5年前までは、魂に色があることは知りませんでした。でも神様のお導きにより、自分のソウルカラーを知ることができたのです。ちなみに私のソウルカラーは、ネイビー系(紺色・藍色系)です。

ここで改めて、魂の色(ソウルカラー)に関して、神様と対話したので、その内容をお伝えしますね。

■ソウルカラーとは?

人間に宿っている魂は、数千年も前に創造主である神様(正確には「大霊様」)によって創り出されました。魂は一度誕生したら永久に不滅であり、固有の色を持っています。魂は数千億あるわけですが一つとして全く同じ色の魂は存在しないそうです。

ベースとなる色は、虹の色である赤、橙(だいだい)、黄、緑、青、藍、紫の7色です。魂の色によって、特徴や傾向があるわけではありません。魂は輪廻転生を繰り返していますので、その時々の魂のレベルによって、強み・課題・性格的等も異なります。

あと、魂は人間の脳の中枢である松果体を中心に存在し、波動を発しています。その波動の中には、魂の色の波動もあり、魂と同じ色の服やパワーストーンなどのアクセサリーを身につけると色から発する波動と魂の色の波動が共鳴することによって、その波動は力強くなり、肉体が活性化され、元気になるそうです。

■魂の色はどうすれば分かるのか?

魂の色を知っている存在は、唯一、神様だけです。あなたの魂の色は、創造主である神様に教えて頂くことが最も確実で最短の方法となります。

筋肉の反射を使った手法であるキネシオロジーを使って、神様と会話しながらあなたの魂の色を絞り込んでいくことができます。「ソウルカラー診断」を受けてみたいという方は、個別にお問い合わせくださいね。

まとめると・・・

●魂にはそろぞれ固有の色がある(同じ色の魂は存在しない)
●魂の色のベースカラーは虹の色、7色と同じである
●魂の色を知っているのは唯一、創造主である神様だけである
●神様と会話することであなたのソウルカラーを診断することができる

ちなみに魂の色が分かったら、まずは普段身につけているもの(洋服、財布、時計、パワーストーンなど)の色を魂と同じ色にしてみてください。元気になるかも知れませんね。

追伸:「魂を成長させながら富を得る方法」という動画を制作しています。宜しければ参考にしてくださいね!

「これ以上ない究極の幸せ」を手に入れる第1の条件

神様と会話しエネルギーを使いこなし、波動を高め
病気知らずの体を手に入れ、
人類のアセンションに貢献できる条件とは?
    • 浅野 友紀

     三宅先生、こんばんは。「魂の色によって、特徴や傾向があるわけではありません。」についての質問です。一般的に「色」にはその特徴や意味があるとされていますが(風水やカラーセラピーなど)、ソウルカラーが似ている人同士は(例えば濃い紫と薄い紫のように)、色の性質が近い分、気質が似ているとか、気が合うとか、一緒にいて違和感を感じないとか、そのようなことはないでしょうか?

      • 三宅 巧一

      友紀さん、こんにちは!ご質問ありがとうございます。ご質問の内容に関して神様に確認したところ、特に魂の色によって気が合うとかはないようです。成長している魂は、どんな人に対しても穏やかな気持ちで接することができるでしょうし、未熟な魂は好き嫌いが激しいかも知れません。魂の色は生涯に渡り変わることはないので、色によってというよりは、その魂の成長度合いによって決まると思います。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


プッシュ通知