災い事を繰り返す根本原因とは?

生きていると小さなことから大きなことまで、いろんな災い事が起こると思います。例えば・・・

●突然、癌などの難病を発症した
●四十肩・五十肩になった
●腰痛や肩凝りが酷くなった
●急激に老化が進んでいる
●あるはずの物がなくなった
●物が壊れることが多い
●お金がなくなった
●投資に失敗した
●借金が増えた
●人間関係が悪化した
●ビジネスがうまくいかない
●恋愛がうまくいかない
●会社が倒産してしまった
●失業してしまった
●再就職できない
●訴訟を起こされた
●他人から脅された
などなど

いろいろあると思います。

このように日々、いろんな災い事が起こり、悩みが尽きないわけですがその「災い事」は、自分が生み出しているという認識はあるでしょうか?

そこで本日は「災い事を繰り返す根本原因」に関して解説したいと思います。

■災い事を生み出す「因子」とは?

災い事は、自分で生み出していることになります。そして、その災い事の

「因子」(原因)

となるものが複数あるわけですが大別すると、実はたったの2種類しかありません。それは、以下の2つです。

(1)罪障
(2)ネガティブ思考

これらを細かく分類するとこうなります。

(1)罪障の分類
・罪障(行為)
・罪障(心の中)

罪障とは、他人に対する悪い行いや考え方になります。心の中で思った他人に対するネガティブな考えも罪障となり清算が待っています。その「清算」が災い事になるということです。

例えば、罪障(行為)に対して果報が起こるわけですがそれは、災い事になります。そして、罪障に関しては、体での清算もあります。睡眠障害や霊障などもこの「罪障」が関係しています。罪障を作ることによる代償は大きいわけです。

(2)ネガティブ思考
・他人に対するネガティブ思考(罪障レベル)
・他人に対するネガティブ思考(罪障以外)
・自分に対するネガティブ思考
・ネガティブな思い込み

罪障の果報よりは小さな災い事になるわけですが、清算ワークを終えるまでは、何度も何度もその災い事が繰り返し起こることになります。これは、今世だけではなくて来世にも引き継がれるため気づいて改めないと大変なことになります。※カルマを清算するとリセットされます。

今までは「陰陽時代」だったため神様はこれらの災い事の現実化を抑制していた側面がありました。でも、2023年から「魂浄化時代」となり、本物の真理・法則に沿った世の中にするための「真ルール」の導入を少しずつ進めているため、これからは、これらの「災い事」が人によっては、津波のように押し寄せてくることになると思います。

では、どうすれば、災い事の連鎖を断ち切ることができるのか?ですが、それは・・・

「魂を磨くこと」

これしか道がありません。

では、どのように魂を磨けば良いのか?ですが、魂の磨き方を無料で学べる動画講座がこちらになります。

■無料オンライン講座「魂を磨く7ステップと最短でアセンションする方法」の案内ページはこちらをクリック!

こちらの動画の内容は、一朝一夕で習得できるものではなく生涯かけて取り組むような超本質的な内容になります。まだ見ていない方は、早めに見て「魂磨き」に真剣に取り組んで頂ければと思います。

これから本当に大変な時代になると思います。早く気づいて、必要なアクションを起こしてくださいね。罪障やカルマの清算が始まると体調が悪化するため、魂磨きに取り組むことが大変になります。まだ、元気な内からスタートさせましょう。

神がかりな成功法則

神との対話と現代版の修行で完成した!
「神がかりな成功法則」とは?
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


プッシュ通知