不眠症・過眠症などの睡眠障害の根本原因は4種類ある!?

こちらのブログ「神様との対話ノート」で、「不眠症で悩んでいる」という書き込みがありました。不眠症は、睡眠障害の1種類になるわけですが睡眠障害を細かく分類すると以下のようになると思います。

(1)夜、なかなか寝つかない
(2)夜中に何度も目が覚める
(3)夢ばかり見て眠りが浅い
(4)夜中に一度目が覚めると眠れなくなる
(5)目覚めが悪くなかなか起きれない
(6)日中、睡魔に襲われる
(7)睡眠サイクルが乱れている
(8)過眠症(十分寝ているのに眠い)

そこで、今回は
「不眠症・過眠症などの睡眠障害の根本原因」
に関してお伝えしたいと思います。


■睡眠障害の根本原因は全部で4種類!

上記8種類の睡眠障害の根本原因は、現時点で明らかになっているもので4種類あります。

(1)睡眠障害の根本原因1:罪障

罪障(ざいしょう)とは、他人に対する悪い行いや考え方のことです。罪障には大きく2種類あり、罪障(行為)と罪障(心の中)があります。その罪障に気づかせるために神様は、「睡眠障害」を起こすということです。例えば・・・

「寝る間際に騒がれ、その騒いだ人を責めた。そして、それが原因で交感神経が優位となり、なかなか眠りにつくことができない。そのことを心の中で相手のせいにしてしまった。」

このような内容が罪障となり、なかなか眠れないという現実を神様が起こすことになります。これを改善するためには、「罪障清算ワーク」に本格的に取り組む必要があります。

(2)睡眠障害の根本原因2:他人へのネガティブ思考(罪障以外)

罪障までにはなっていないが他人に対して、睡眠絡みでネガティブ思考をした場合、気づきのために神様は睡眠障害を起こします。例えば・・・

「社員旅行で同僚と同じ部屋で寝たとします。その同僚のいびきが凄すぎて心の中で・・・「迷惑だ」とネガティブに思った場合、睡眠絡みで迷惑だと思いたくなるような現実を神様が起こすことになります。」

他にも2つありますが長くなりそうなので、今回はここまでにしたいと思います。なお、上記の内容と残り2つの根本原因に関しては・・・

無料オンライン講座:
「魂を磨く7ステップと
 最短でアセンションする方法」

で詳しく解説しています。

いろんな問題がありますがどれも大概は、4種類の根本原因に集約できると思います。なので、この無料オンライン講座の視聴をお勧めしたいと思います。以下の画像をクリックすると視聴案内ページが表示されますので、普段お使いのメールアドレスをご入力ください。

なお、根本原因によって改善方法が異なります。真剣に「睡眠障害」を改善したいという方は、個人セッションをお勧めします。まずは、お試しコースへお申込みくださいね。

神がかりな成功法則

神との対話と現代版の修行で完成した!
「神がかりな成功法則」とは?
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


プッシュ通知