人間は死後どうなるのか?

人間は死後どうなるのか?年齢を重ねて死が近づいている人にとっては気になるテーマかも知れません。

「人間は死んだらそれで終わり、死後の世界など存在しない。だから今を楽しまないとけない。」という人もいれば、人間は死んだら天国へ行く人もいれば、地獄へ行く人もいる。そして、成仏できなくて彷徨っている人もいる。」という説もあります。

実際どうなのか?私も気になり、神様と対話しましたので、今回は人間は死後どうなるのか?をテーマに神様と対話した内容をシェアしたいと思います。

■人間の死後はどうなるのか?

心臓が止まり、息を引き取ると神様が肉体の中にある魂を「大霊界」「天上界(いわゆる天国)」「地獄界(いわゆる地獄)」のいずれかへ導いてくれるそうです。イメージとしては瞬間移動する感じだそうです。なので、人間は死んだら終わりということはなく魂として永久的に生き続けることになります。

ちなみに大霊界とは、人間としての学びを終えた魂、つまり輪廻転生から解脱した魂が行くところです。人間の魂は、成長のために人間として何度も生まれ変わり解脱するまで死と誕生を繰り返すことになります。

それぞれの界には、階層があり、魂の波動レベルに応じてどの階層へ行くのかが決まります。もちろん、魂の波動が高い方が良くて、一番波動の高い場所は、大霊界の最上階ということになります。そして、神様は普段、その場所から私たち人間を24時間365日、休むことなく見守ってくれています。

一方、波動が一番低く過酷な場所は、地獄界の一番下の階層ということになります。この地獄界へ行った魂は、数百年に渡り地獄の苦しみを感じながら過ごすことになるそうです。

まとめると・・・

●死後の世界は存在する
●魂は、大霊界・天上界・地獄界のいずれかへ行く
●それぞれの界には階層がある
●どの界のどの階層へ行くのかは、魂の波動レベルで決まる
●大霊界へ行った魂は守護霊として人間の魂の成長をサポートしながら更に自分の魂レベルを上げていく
●多くの魂は天上界へ行き、次の人生までゆっくり過ごすことになる
●生きている間に悪いことをした魂は地獄界へ行き、次の人生までの数百年間に渡り、地獄の苦しみを感じながら過ごすことになる

ということになります。

更に詳しい内容は「アセンション大全」という姉妹サイトで情報発信していますので、そちらのサイトもご覧ください。

「神様への質問」受付中

神様との対話ノートでは「神様への質問」を随時受付中です。ご質問内容をテーマとして神様と対話し、記事にまとめて掲載できるようにしたいと思います。

関連記事

  1. 天国と地獄は本当に存在するのか?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


プッシュ通知