癌が治る人と癌が治らない人の違いを神様に確認!

世の中には、原因不明の病気で悩んでいる方が多数います。その中でも一番多い病気が「癌」です。

日本の癌罹患数は、年間約100万人です。そして、癌が原因で亡くなられた方は年間で約38万人もいます。これは、全死因の約28%に相当します。

なぜ、これほど癌になる人や癌で亡くなる方が多いのでしょうか?巷では、食品添加物・農薬・喫煙・生活習慣・ストレスなどが原因ではないか?と言われていますが実はそうではありません。

癌になる根本原因は、実は2つしかないのです。

■癌になる根本原因を神様に確認!

(1)罪障の清算

罪障とは、他人に対するネガティブ行為、例えば・・・

●他人に暴力を振るうこと
●他人をいじめること
●他人に罵声を浴びせること
●他人に怒鳴って怒ること
●他人を脅すこと
●他人をコントロールすること
●他人に対して嘘をつくこと
●他人に対して詐欺行為をすること
●陰で他人の悪口を言うこと
●他人のせいにすること
●クレームすること
●他人からお金を巻き上げること
●他人を陥れること

などです。

そして、他人に対する心の中でのダメ出し(ネガティブ評価)も罪障になります。ただ、罪障の清算のために癌になってしまう場合、根本原因は「ネガティブ行為」だけで、ネガティブ評価だけでは癌になることはありません(体に不具合が発生したり、他の病気になることはあります)。

(2)カルマの清算

天上界(いわゆる天国)は、4つの階層に分かれているのですが一番下の階層(最も波動が低い階層)から生まれてきた魂は、「魂の成長」が目的の人生ではなくて、「カルマの清算」が人生の目的となります。

つまり、端的に言うと辛い人生になるということです。その代表例があるタイミングで癌になることです。この場合、何をしても癌が治ることはありません。癌や癌治療で散々苦しんだ挙句、亡くなることでカルマを清算します。

カルマとは、前世で積もり積もった「罪障」だと思ってください。天国の一番下の階層で生まれた人は、あまりにも罪障が多く、すべてを清算することが難しいため

●魂が成長できないこと
●他の魂の成長のために悪役を演じること
●最後は死を持ってすべての罪障を清算すること

を宿命として背負って生まれ、生きることになります。

癌が治る人と癌が治らない人の違いは、ここになります。天国の階層1、2、3から生まれてきた人は、癌になっても治るような神様のお導きがあります。

でも天国の階層4から生まれた人は、カルマの清算が人生の目的なので、癌になって苦しんで最後は亡くなることになるのです。私がサポートできるのは、階層1、2と階層3の一部の人になります。癌になったとしても諦めないでご相談頂ければと思います。

事実として、ステージ3の乳がんが最終的に完治した方もいます。必要なセッションを受け、意識を変えることができれば可能性があります。

「これ以上ない究極の幸せ」を手に入れる第1の条件

神様と会話しエネルギーを使いこなし、波動を高め
病気知らずの体を手に入れ、
人類のアセンションに貢献できる条件とは?

関連記事

  1. 癌の根本原因は本当は何なのか?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


プッシュ通知