薬を飲み続けるとどうなるのか?神様に確認!

2023年6月25日から27日の日程で「魂の浄化短期集中コース」という合宿を浜名湖で開催し、その後、2年ぶりに岐阜県養老にある実家へ行き、母親と養老の滝の宿泊施設でゆっくり食事を楽しんできました。

現在実家には、母親が一人で住んでいるわけですが、既に80歳を超え、体もいろいろと問題を抱えている状況です。そのため、いろんなお薬を飲んでいました。どんなお薬を飲んでいるのか?実際に調べたところ・・・

●血圧を下げる薬が3種類
●血液をサラサラにする薬が1種類
●胃酸を抑える薬はが1種類

合計で5種類もの薬を毎日飲んでいることが分かりました。

私自身は、薬の本質を理解しているため、ここ10年以上、薬を飲んだことは一度もありません。でも世間一般では、具合が悪くなったら病院へ行き、薬を処方してもらい、それを飲み続けるのが一般的です。

そこで、今回は「薬を飲み続けるとどうなるのか?」というテーマで神様と対話しましたのでその内容に関してシェアしますね。

■薬の本質とは何か?

人間の本質は「魂」であり、魂は、成長するためにこの地球に生まれてきています。極論としては、魂以外のすべては、魂成長のための手段ということになるため、「薬」の本質も魂成長の手段ということになります。

現代社会における薬の主な成分は「石油」で作られた化学物質であり、薬を飲むことで病気や体の不具合が治ることは、理論的にはあり得ません。でも、今までは、薬を飲んで症状が改善したケースも多々あったわけです。ただ、薬を飲み続けた人の末路はどうなるのか?ですが・・・

健康でいることは難しい

ということです。

それはなぜか?ですが
薬を飲み続ける=本質を理解できていない
ということになるためです。

神様が創った法則の中に「自然の法則」というものがあります。自然の法則を簡単に解説すると・・・

神様が創造したすべてのもの(森羅万象)を大切にすること。大切にしないと気づきになるような災い事が起こる

という法則になります。

人間も神様が創造したものです。他人も自分も大切にする必要があります。薬を飲み続けるということは、不自然なものを体内へ入れ続けることになるため、体にとっては良いことではありません。

そのため「自然の法則」が働き、気づきのために体の調子は悪くなる方向へ進むことになります。つまり、ドンドン健康を害すことになります。論理的に考えても薬を飲み続けることは良いこととは思えません。

薬を飲み続けると・・・

●体内に異物を入れるため、活性酸素を増やすことになる
●化学物質を分解するため肝臓に負担をかけることになる
●分解するために大量の酵素を無駄使いすることになる
●そのため、代謝機能がドンドン落ちることになる

ということが起こります。つまり、老化は進み、健康を維持することは難しくなっていくのです。では、どうすれば良いのか?ですが・・・

(1)食生活の改善
(2)生活習慣の改善
(3)思考の改善

が必要になります。

どれも大切な要素になるわけですがこの中で最も大切な要素は(3)思考の改善になります。そもそも体に不具合が発生している、例えば・・・

●血圧が高い
●認知機能が低下している
●手足が痺れる
●肩や腰が痛い

などがある場合、医者へ行き、処方された薬を言われるがまま飲んでいることが問題です。

●なぜ、体に不具合が発生したのか?
●その根本原因は何か?
●処方された薬はどんな薬なのか?
●薬なしで改善する方法はないのか?

など、自分で調べ、いろんな角度から解決方法を考える必要があります。それを怠り、医者に言われたことをそのままやることに課題があるわけです。自分で問題意識を持ち、解決するためにいろいろと行動を起こせば、神様のお導きにより本当に必要な情報に辿り着けるかも知れません。

病気や体の不具合を根本から治すためには「罪障」や「カルマ」を清算する必要があります。これも(3)思考の改善が必要です。

人間の本質は魂であり、魂がどのように考えるのか?が最も重要なことになります。薬は、そのきっかけを作ってくれるものということになりますね。

一人で解決が難しい場合は、こちらのセッションがお勧めです。

神がかりな成功法則

神との対話と現代版の修行で完成した!
「神がかりな成功法則」とは?
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


プッシュ通知