子供ができない理由を神様に確認!

世の中には、子供を授かることができる夫婦もいれば、子供ができなくて辛い思いをしている夫婦もいますよね。全く望んでいないのに子供ができてしまうケースもあります。

今回は、子供がほしいのに子供ができない女性から切実な質問メールが届きましたので「子供ができない理由」をテーマに神様と対話しました。

子供ができない理由は、いろいろあると思いますが霊的な視点で考えた場合、どんな理由が考えられるのか?整理して分かりやすくお伝えしますね。宜しければ参考にしてください!

■子供ができない理由は、大きく5つある!?

それでは神様と会話した内容を解説していきますね。まずいろんなことに共通して言えることは、人生で起こることのすべては、「魂の成長」のために起こっていることになります。

どんな出来事を起こすのか?に関しては、神様によってコントロールされているわけです。特に生命の誕生、あるいは死に関することは、100%神様がコントロールしています。それで、子供ができない理由に関してなんですが大きく5つあります。

●子供ができない理由1:子供が欲しいという執着が強いこと

執着があるものは手に入らないという法則があります。これは、執着を手放す必要があることに気づいてもらうために神様が意図的にそのようにしています。子供を望んでいるのに子供ができないとどうしても子供が欲しいという思いが強くなり執着となってしまいます。

これは子供に限らず、お金、恋人、名誉など何にでもいえることです。なので、執着を手放す必要があるわけです。

●子供ができない理由2:自分の体を労わっていないこと

二つ目の理由としては、自分の体を労わってない可能性があることです。つまり子供を産むための準備が整っていないと言えます。子供を産んで育てる準備が整っていない人には、まだ子供お授けることができないよ、という神様からのメッセージになりますね。

まずは、自分の体を労わり、感謝すること。そのためには、食べ物・飲み物・塗り物の最適化や生活習慣の最適化が必要になると思います。

●子供ができない理由3:罪障

罪障とは、成仏の妨げとなる悪い行いや考え方のことを言います。もう少し具体的に解説すると過去、誰かに対してネガティブな評価をした場合、罪障になります。

心の中で思っただけでも罪障になるのです。もちろん、相手に対するネガティブ行為も罪障になります。この罪障は、体の不具合として現れることになります。例えば生理不順になる、排卵がない、女性ホルモンが十分分泌されないなどが考えられます。

●子供ができない理由4:前世における因果応報

罪障におけるネガティブ行為は、因果応報の因子となり、どこかのタイミングで清算する必要があります。前世で罪障行為を行っていて、その清算が前世で完了していない場合、今世で清算する必要があるわけですがその清算のために不妊症となり子供ができない可能性もあります。

●子供ができない理由5:宿命

人間は生まれる前にどんな人生になるのか?ある程度決まっています。これは神様が魂の成長を考えて人生設計してくれるわけなんですがこのことを「宿命」と言います。

宿命として子供を授からない設定になっている可能性があります。その場合は、どんなことをしても子供を授かることは難しいでしょう。

子供ができない理由は、上記の5つが考えられます。あなたがもしも子供を授かることを望んでいるのに子供ができないとしたら上記5つの理由のいずれか、あるいは複数が原因かも知れません。

子供ができない理由が「宿命」ではない場合、努力によって子供を授かることは十分可能だと思います。そのようなコンサルティングもできますので、不妊症で悩んでいる方はお気軽にご相談くださいね。

「神様への質問」受付中

神様との対話ノートでは「神様への質問」を随時受付中です。ご質問内容をテーマとして神様と対話し、記事にまとめて掲載できるようにしたいと思います。
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


プッシュ通知