執着があるものは手に入らないは本当か!?

よく「執着があるものは手に入らない」と言いますよね。例えば、お金に執着があると「楽して稼げる」系の塾や教材に手を出してしまい、高額を払った割には全然稼げなかった。お金が入るどころか、お金がドンドン減ってしまうという現象が起こったりしていますよね。

特にノウハウコレクターの方は、この傾向があると思います。

先ほどのは単なる一例で他にもいろいろあるわけですが、この「執着があるものは手に入らない」は本当なのか?改めて神様と対話して確認したので、あなたにもシェアしたいと思います!

■「執着」とは何か?

執着の意味をネット検索で調べてみると・・・
ある物・事に強くひかれ、深く思い込んでどうしても忘れ切れないこと。あるいは、執着とは、仏教において、事物に固執し、とらわれること。主に悪い意味で用いられ、修行の障害になる心の働きとする。

という内容がヒットします。

人に対する執着があると別れても忘れることができない、そうなると次の恋人も見つからないという悪循環になりますよね。お金に対する執着があると例えばビジネスをしている場合は、売上がなかなか上がらないという現象が起こることになります。

執着は、陰陽で考えると「陽のテーマ」になります。陽のテーマとは、魂のレベルを高めるために手放す必要があるネガティブなものになります。

そのため、陽のテーマを手放すための学びとなる出来事が起こるわけですね。つまり、執着という陽のテーマに対する気づきを与え、学びが深まるような出来事を神様は起こしてくださります。

なので、「執着があるものは手に入らない」という現象が起こることになります。執着が強ければ強いほどそれが顕著となるため、自分の思惑とは真逆のことが起こるというわけですね。

執着は手放し、今与えられているものに心から感謝すること。そして、自分に与えられた役割をしっかり果たすことに注力すること

このような心構えで過ごせば、良い方向へ進むと思います。宜しければ参考にしてください!今回のお話は、大霊の法則(陽)における「陰陽の法則」のごく一部になります。執着と同じ陽のテーマは、数多く存在するので、また別のテーマでも書いてみたいと思います。

「神様との対話ノート」から最新情報をお届けします

最新情報を更新毎に通知します。
「設定する」ボタンをクリックしてください!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


プッシュ通知