コロナワクチン接種に関する神様の意図とは?

神様との対話ノートの「神様への質問」コーナーで以下の質問(コロナワクチン接種に関して)を頂きましたので、今回はこの質問に関して神様と対話した内容(神様の意図)をシェアしたいと思います。

質問内容:

三宅さんのブログをいつも読んでいます。ワクチン接種について質問があります。ネットではワクチンは危ないとかメディアでは安全と言われています。私はワクチンを打たない派です。老若男女問わずこれだけネットの情報が流れているのに関わらず、『ワクチンの危険性を知らないあるいは調べたことない、接種する機会が出来たらワクチンを打つ』という人がいます。こういった方々は、本人の学びのために打つのでしょうか?それか私たちにとって学びのため打つのでしょうか?それとも霊的成長が許されない方なのでしょうか?

新しい記事を読んだのと、身近な人でこのような人がいるんです。

確かにFacebookなどのSNSを見ていると「ワクチンを打ちたい」「ワクチンを打った」という投稿が散見されますよね。また、コロナワクチンの危険性に関する動画を身内の人に見せてもワクチンを打ってしまったという方もいるようです。これは、目覚めている人にとっては理解しがたい事態だと思います。では、なぜこのような現実となっているのか?その裏事情を神様に確認しましたので、その内容をシェアしますね。

人間の本質は「魂」であり、魂は成長するために地球に生まれてきているわけですが、天上界(いわゆる天国)の最下層あるいは地獄界から来ている人は、魂の成長ではなくて「カルマの清算」のために生まれてきています。

カルマ清算が人生の目的の場合、魂の成長が許されない人生となり、他の人間の魂を成長させるために悪役を演じる役回りとなります。ですので、コロナワクチンは安全なので打ってくださいというデマを流している人は、カルマの清算のために悪役を演じていると思ってください(その人の自由意思ではなく神様に意識をコントロールされています)。

また、コロナワクチンを打ってしまった人の約9割は、人生の目的が「カルマの清算」の可能性が高いです。カルマ清算の場合、自由意思はほとんどなく、神様に意識をコントロールされていますので、通常の人には理解しがたい行動を起こすケースがあります。

危険なワクチンを打つことは、本人の学びというより、周りの人(人生の目的が魂の成長の人)の学びのためとなります。身近な人の人生の目的が「カルマの清算」だと心情としては辛いかも知れませんが、過去世のカルマを清算することがその人にとって必要なことであり、魂にとっても良いことになりますので、暖かく見守ることが大切だと思います。

最終的には「死」をもってすべてのカルマを清算し、次の人生は真っ新な状態でやり直すことができます。宜しければこちらの記事も参考にしてください。

アセンションの可能性ゼロの人生とは?

「これ以上ない究極の幸せ」を手に入れる第1の条件

神様と会話しエネルギーを使いこなし、波動を高め
病気知らずの体を手に入れ、
人類のアセンションに貢献できる条件とは?
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


プッシュ通知